黒ごま食パン

冬になってからの食パンづくりは失敗続きでした。
夏場の感覚で、1次発酵を適当にやっていると、時間が来てもなかなか膨らまず、
そのまま2次発酵に入ると、結局最後まで膨らまないという結末に。
せっかく作った、食パンを迷わず捨てたこともありました。

パン焼きも慣れてくると、だんだん大雑把になってきます。
そこで今回は基本に帰り、仕込み水の温度管理に十分な配慮をしてみました。
画像

今回のレシピは、以下の通り。

初めての、黒ごまパン(2斤分)です。

強力粉          430g(86%)
タピオカ粉(でんぷん) 70g(14%)
イースト          5g(1%)
塩             10g(2%)
砂糖           20g(4%)
バター          20g(4%)
スキムミルク      10g(2%)
水(30℃)           355cc(65%)
黒煎りごま        20g(4%)

※外気温 11.2℃ 湿度57%
※仕込み水を、30℃にお設定し、生地こね機へ投入。

生地職人での1次発酵後、約20分間のベンチタイム。
そこそこ十分に膨らみました。
(今回は、ラップで包みました。)
画像


ケースへのセッティング。
今もクッキングシートを使っています。お徳用30mを買ってしまったのでなかなか減りません。
シートがなくなったら、今度は離型スプレーを使いたいです。
画像


焼成中の様子です。
200℃で30分間。20分経過時に、上面にアルミ箔をかけ、焦げ過ぎを防止しています。
画像


焼き上がりです。そこそこ上手く焦げ目がつきました。
画像


断面は、こんな感じです。 
画像


味のほうは、まずますでした。
そこそこキメが細かく仕上がったし、黒ゴマの量も適当で香ばしいです。
実は、タピオカの軽量ミスで、ふだんより4%多くなってしまいましたが、
このくらいのモチモチ感の方が、良いかもしれません。

今回は、1斤をご近所の方に、召し上がってもらうことにしました。
(感想が気になるところです。)

"黒ごま食パン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント