りんご酵母でパンを焼く(その3)

今朝、昨晩に焼いたリンゴ酵母の食パンを、試食してみました。

とりあえず、カットをして断面の様子を見ると、
ややキメが粗いですが、なかなかしっかりと膨らんでいます。

前回のチャレンジでは、すごくキメが細かったので、
今回が、ふっくらと焼けたことに、とても感動しました。

美味しそうでしょ!
画像


ところが・・・、

匂いを嗅いでみると、

少し酸っぱい匂いがします。

恐るおそる一口食べてみると、

やはり、少し酸っぱい味がしました。

でも、
りんごの酸っぱさでは、ありません。
まるで、お酢のような酸っぱさ。

何とか、食べられますが、少し気になる味です。

どこかの過程で、過発酵だったのでよう。
レシピでは、1次発酵が、30℃で120~150分。

今回の1次発酵は、155分でした。
2次発酵を長引かせすぎたのかも。

残念だけど、美味しいパンではなかったです。

今回作った酵母(中種)は、冷蔵庫に保存中。
まだ、いい香りがしています。

酵母が元気なうちに、再チャレンジをしようと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック